FC2ブログ

オムライス弁当

なんだかおかしい。(おかしいことが続いているときは用心しないと。)
写真を撮ったのだけれど、記憶されていない。
たいへんに困ったが、仕方ない。早くソニーも修理に出したいなあ。結局キャノンは出張までに戻らず、出張中にうまく担当が処理をしておいてくれるといいな。


それはともかく、お弁当です。
卵もかぶせてくれて、たまねぎの炒め加減もよかったです。ケチャップの加減も最高。
うちのオムライスは最高だ。

今日もおいしかったです。ご馳走様。
もう一息考えてから帰宅です。身支度もしないと。気を付けて出張に出かけないと。無事に帰ってこないと。
スポンサーサイト



DSC01536.jpg


あっという間にお昼です。昨日はまた英国とのやりとりがあり、なんとか仕事としては体を成すような雰囲気です。しかしどうも文字から読める不穏な空気。あと数日頑張って準備しましょう。これまで同様になんとかなるはずです。

今日の献立は焼き鮭、シラスとキャベツのスープ、ポテトサラダ、玉子焼、蕪の酢の物、トマトです。
いつもの二倍くらいの鮭です。塩加減もまずまず、旨味もあります。
シラスとキャベツのスープは単純な味ですが、それがおいしい。家庭以外では食べられないと思います。
ポテトサラダは引き続きです。今日はなんとなく林檎が入っていたような。シャリシャリ感。
玉子焼はちょっと小さいのが2つ。今日は少し粗めの食感です。
蕪の酢の物の酸味がうれしい。もっと酸っぱくてもよいです。
最後はトマトです。
今日もおいしかったです。御馳走様。今日は少し残業をしてから、娘の御稽古へお迎えに行きます。妻は息子の部活の保護者の集いへお出かけです。息子のテストの出来が悪かったので、さてどんな感じなのかな。

DSC01534.jpg

英国との仕事がうまくいかない。向こうの要求水準について行っていないからだと思う。JVは難しい。こちらでのネゴシエーションがうまくいかなかったところもあるので、それは私の責任だということなのだろう。現在のプロジェクトの参加している英国側のメンバーからは止めという意見とこれで十分だという意見の両方の意見があり、そのあたりの見極めが難しい。そんな状況で何しに来るのって感じかもしれないし。今回はかなり精神的に辛い出張になりそう。さらにはスコットランドにも行って、別のプロジェクトの打ち合わせもあるし。と辛いところを妻に弱音を吐いてしまいました。ありがとう愛妻よ。煮え切らない夫で済まない。駄目出しは辛い。

今日の献立は、ポテトサラダ、ソーセージ、白菜の胡麻和え、煮豆、トマト、あみです。
メインはポテトサラダです。適当なマヨネーズの具合が最高です。もう一つのポイントが野菜の煮加減でしょうね。柔らかすぎず、硬すぎず。バランスって大切だなあと思います。
ソーセージはちょっと脂が控えめな感じ。つなぎが多いのか。これもご飯のお伴です。
白菜の胡麻和えは引き続きですが、夕飯には出なかったように(記憶が薄い)思う。酸味が好きです。
金時豆は少し塩分を感じる、甘すぎずよい塩加減です。
トマトの青臭い感じが生野菜を食べている気がします。
おいしかった。御馳走様でした。

黄色い弁当

DSC01533.jpg

 冷え込みが厳しくなりつつあります。寒い時期の欧州といえば、クリスマスマーケットですが、人ごみも少し怖いかも。
 
 今日のお弁当はブリの照り焼き、玉子焼、白菜の和えもの、炒り卵、トマト、アミの佃煮です。妻はなんだか黄色いなと言っていましたけど、そうかな?
 ブリの照り焼きは冬の味。あまり脂がのり過ぎていないのがよい。
玉子焼を食べるのが久しぶりな気がする。結構重みがある。噛みごたえがあるというか。おいしいなぁ。
炒り卵は非常に珍しい。食卓でもほとんどみない。水っぽいので、時々でいいかな。
白菜の和えものは少し酸味があって、醤油の味がする。炒り卵とのコントラストがいい。
このアミの佃煮は少し甘い感じがよい。味噌でも入っているのかな。これも終わりのようだ。次を買わないと。
 おいしかった。御馳走様でした。



 欧州は戦争状態なんだろうか。クリスマス商戦真っ盛りですが、英国の小売業の素敵なCMです。キャプチュアがあるので、歌詞もよくわかります。差異の強調より、共感だと思います。




休日弁当

妻と娘は義母の見舞いに出かけましたが、私と息子のためにお弁当を残してくれました。
写真をとったのですが、あとでアップします。

鮭弁当

DSC01531.jpg

 妻は疲れているようだ。(ただ機嫌は悪くない。)私の帰宅が遅いためでもあるように思う。子どもの通院やお稽古ごとへの送迎も負担になっているのだろう。たいへん済まなく思う。いつも温かく私の帰りを待っていてくれる家族、特に妻に感謝。お弁当まで気を使ってくれて本当にありがとう。妻は娘を連れて、実家のお母さんをお見舞いに行くが、その間はしっかり任せてください。庭の手入れも、娘の上履きも洗っておきます。時々は食事も作って、息子と食べます。帰ってきたら、誕生日のお祝いをしましょう。

今日のお弁当は焼き鮭、ソーセージ(下に隠れています)、玉子焼、酢キャベツの胡麻和え、トマトです。
焼き鮭は脂がのっています。塩加減もよいです。
ソーセージ2本はご飯のお供です。肉って感じがよいです。
玉子焼はいつもよりやさしい感じの味。ふわっとしているとかではなくて、なんだろう。気持ちが違うような。
酢キャベツの胡麻和えは鮭とソーセージの脂を中和してくれるので、ちょうどいいです。
最後はトマトです。みかんは午後にとっておきます。
今日もおいしく頂きました。御馳走様でした。

今日は娘のお迎えをして帰宅します。

玉子フライとシメジのベーコン巻弁当

DSC01529.jpg


 昨日は久し振りに定刻で帰宅し、みんなで夕飯でした。いいなあ家族団らんって。みんなで食べる夕食はなにものにも代えがたい。それに引き換え、みんなが寝静まった頃の帰宅はちょっとさびしい。仕事を効率的にできれば、こんなことないのですが。
さらに火曜日は泊りがけの国内出張までありうるのです。(でも他の用事もあるので、取りやめにしたい)

 今日の献立は玉子フライ、シメジのベーコン巻、焼きたらこ、酢キャベツの胡麻和え、サツマイモの素揚げです。
玉子フライは久し振りです。黄身がどろっとしていているのが、おいしい。ソースが多めにかかっているのもよいです。
シメジは写真では隠れて見えませんが、一口で食べるのが、もったいない。おいしいので、分けて食べたいのですが、残念。
たらこは見たままです。もっと食べたいのですが、私の体ではそれができません。これまた残念。
酢キャベツは息子の好物です。ばりばり食べる食感がいいです。味のバラエティを広げてくれます。
サツマイモは重量級野菜で、これがあると満足度が高いです。今日のサツマイモはもう少し甘くてもいいかも。時期的なものでしょうか。

今日もおいしく頂きました。御馳走様でした。

DSC01528.jpg

来月頭から定期出張になるのですが、パリ経由でなかったのはよかった。それにヒースローにも寄らないし。
とはいえ。ロンドン市街にも立ち寄るので、少しは気をつけないと、と思う。そういってもどう気をつけるのか?
あまりぼっとしないということだろう。時差ボケでぼっとしていることも多いのだけど。

今日の献立はアジフライ、ソーセージ、焼き鮭、ホウレン草、あみ、です。

アジフライは実においしい。ソースもこれくらいかかっていた方がお弁当にはよいです。
焼き鮭はちょっとしょっぱいかも。
ソーセージも肉っぽくて、おいしい。肉と魚は両方あった方がいいなぁ。
ホウレン草はじゃことの和えものです。やさしい味です。バランスがよいと思います。
もうそろそろ佃煮も終わりでしょうか。

今日もおいしかったです。御馳走様。ちょっと早めの夕食で、これからがんまる。

カレー

DSC01527.jpg

今日も朝から会議と来客が続く。午後はインドネシアで習った日光浴で、鬱を撃退する方法の実践。
机から離れ、日のあたる場所で、30分ほど資料の読み込み。
確かに気分がよくなるような気がしました。その甲斐あってか、元気に夜まで仕事をしています。

今日の弁当はカレー弁当です。ご飯は雑穀ご飯です。
ビーフカレーで子ども向けで中辛と甘口のブレンドです。家庭の味でいいなと思います。
今日もおいしく頂きました。御馳走様でした。

休日弁当

DSC01517.jpg


今日は休日出勤なので、お弁当を作ってもらいました。
おいしく頂きました。御馳走さまでした。

次のロンドンコンサート

151201_philharmonia_lang_lang_image_harald_hoffmann_web.jpg


仕事のプレッシャーに負けそうですが、その割にはお楽しみも準備しています。あまりにつらくてコンサートに行けないなんてことがないといいです。次なる出張も近いです。

12月3日にはロンドンで、サロネンとランランのフィルハーモニア管弦楽団です。なんといってもプロコフィエフのピアノ協奏曲第3番です!ラトルとランランが私のベストで、基本ですから、それと聞き比べたいと思います。今回はバレエにも行けないので、その埋め合わせにもある。スクリャービンをサロネンがなんて楽しみもある。これは本当に楽しみで仕方ない。
コーラス席でサロネンの指揮をじっくり観察したかったのですが、今回はちょっといい席で音を楽しみます。

Philharmonia Orchestra
Esa-Pekka Salonen conductor
Lang Lang piano

Sergey Prokofiev: Excerpts from Romeo and Juliet, Op.64
Sergey Prokofiev: Piano Concerto No.3
Alexander Scriabin: Le poème de l'extase, Op.54




12月6日は再びロンドンでハーディングとピリスのロンドン交響楽団です。最初はショパンだったのに、モーツアルトへの変更。まあそれもいいかな。なんとなくハーディングとブルックナーなんて思うのは私だけではないでしょうね。さてどんな感じでしょうか。おじいさんの音楽をどう聴かせてくれるのでしょうか。

Daniel Harding conductor
Maria João Pires piano
London Symphony Orchestra

James Moriarty Windows (world premiere, Panufnik commission)
Mozart Piano Concerto No 9 in E-flat Major K271
Bruckner Symphony No 4

揚げワンタン弁当

DSC01515.jpg

昨日までのパナソニックの駄作DMCーSZ10があまりによろしくないので、壊れたキャノンとソニーを修理に出そうとしたんです。
キャノンS110は動きませんが、なぜかソニーDSC-RX100は復活!!素晴らしい。ということで、今日から再びソニーを使います。
しかしいつまで動くのか?キャノンが帰ってくるまで持ちこたえてほしい。私は盗難にあったパナソニックが大好きだったので、その印象でこのDMCーSZ10を購入したのですが、駄作もいいところ。ここまでひどい製品はありえない。映りが悪い、フォーカスは遅い。操作性が悪い。しっかり価格コムで調べるべきでした。
 

今日の献立は揚げワンタン、鶏手羽、焼き鮭、煮豆、コンニャクの煮びたし、昆布の佃煮です。
夕飯は妻が言うには中華風ですが、私には中華と和風の混じった新作のワンタンスープでした。本日はそれを転用した揚げワンタンです。海老ワンタンです。ぷりぷりとした海老にシンプルな味付けが素晴らしい。
鶏手羽はいつものです。安定的においしい。
焼き鮭は少ししょっぱい感じ。同じ鮭なのかな?よくわからない。焼き加減はこれくらいがいいようです。
金時豆も良くできています。甘すぎず。適当な炊き加減。家庭の味です。
コンニャクは写真では見づらいですが、あります。一味が効いていて、違った味わいがいいです。
食休みの昆布です。また買ってきて欲しい。おじさんはお弁当に佃煮があるとたいへんうれしい。

今日もおかずがたっぷりでした。おいしかった。今日も満足です。御馳走様。
夜までがんまります。

鮭弁当

P1000080.jpg


今日2回目のアップです。午前中も書類仕事が多かった。お客さんにご挨拶もしたりとばたばた。
午後は年末調整の書き方も聞きに行かないと。


今日の献立は焼き鮭、煮豆、ホウレン草、人参のマリネ、コンニャクの煮びたしです。
この鮭はたいへんにおいしい。トキシラズでしょうか。塩分控えめで、素晴らしい。これからの季節が楽しみです。これは元がいいのでフライより、焼きです。
煮豆もたいへんによくできてます。甘さも適当で、適当な炊き加減です。お夕飯では子どもも喜んでいました。煮豆最高。
ホウレン草はポン酢が掛かっていると水分が多めになってしまいますが、食べやすさではこっちです。
人参のマリネはマスタードがいいのですが、今回は少し甘めな気がします。
コンニャクもお夕飯からの引き続きですが、一晩置くと出汁の味がよく感じられて、よりおいしいです。

今日もおいしく頂きました。御馳走様。
今日も定刻上がりなので、家族で夕飯、子どもとお風呂だ。

チャーシュウ弁当プラス

P1000077.jpg

昨日のお弁当です。昨日は朝から業務が立て込み、お弁当を急いで頂いて、外出。
片道2時間の長旅で現地へ到着。小規模自治体で豪華な総合健康文化施設に伺いました。
素晴らしいプールを含む運動施設、広い広場、多目的ホール、図書館。すべて税金です。いろいろ感慨深いものがあります。

お弁当の献立は、チャーシュウ、玉子焼き、小松菜、昆布の佃煮、それに下に隠れるコロッケです。
雑穀米とともにおいしく頂きます。最近の我が家は新米を頻繁に精米(8分づき)にしているので、ご飯がたいへんおいしい。
おいしく頂きました。御馳走様でした。

帰りも2時間かけて帰宅。まだ夕飯の時間には早いので、クリスマスプレゼントの下見、フェアトレードのお店で乳化剤なしのチョコレートを購入し、さらに美容室でヘアセットを習って、帰宅。激しい雷雨でした。娘もたいへん怖がっていました。

コロッケとあおさの味噌汁弁当

P1000076.jpg


昼休みをお幅に超過して、出張の記事を書いていたので、今日のお弁当はさっと。
今日の献立はチャーシュウ、コロッケ、昆布と蓮根の炒め物、人参のマリネです。
コロッケは妻と二人でつくりました。自家製がおいしいのは、ジャガイモの味なんじゃないかと思う。

今日もおいしく頂きました。御馳走様。
さて、今日は定刻上がりだ。

ちょっとだけインドネシアと台湾

月末の台北経由のバリ出張の振り返りを。まあ自分のためのようですが。
昼は長男の空手の試合。残念な結果。出るだけえらい。午後の試合は失礼して、娘のバイオリンの発表会。
子どものうちから舞台慣れするなんてすごいことだ。私なんて今でも人前の話では緊張していまうのに。
独奏、合奏を聞いて、急いで空港へ。

初日は台北桃園(T2)へ夜着。入国に1時間弱かかる。ネット情報では、空港内のトランジットホテル宿泊以外は荷物の引き取りが必要があるとのことだったが、スルーでOK。これは乗継にはたいへん助かる。荷物はすでにぐるぐる。台北までほぼ満席の国光で。台北駅の宿の反対側に到着。本日の寝るだけの宿(インキューブ3S)は三越の横に12時過ぎに到着。必要最低限。問題は空調を個別に管理できないことだろう。それ以外は騒音もなく、熟睡。
 5時30分には起床して、歩きながら、ホットサンドイッチと豆乳の朝ごはん。いいなlぁ、台湾。駅前から再び桃園(T1)へ。早朝につき40分ほどで到着。こちらのラウンジははじめて、暗い。暖かい食事も充実。麺も作ってくれる。再び朝食を。
P1000023.jpg

仕事のことを考えながら、バリへ。1時間弱の遅れ。初日のマッサージの予約の時間が気になる。インドネシアルピーはATMで。出口に2か所あるので問題なし。空港タクシーは定額で高いので、到着階の2階に上がり、ブルーバードタクシーをメーターでお願い。サヌールの「グッドマッサージ」へ。とにかく精神的にも、肉体的にも辛いので、2時間しっかり。評判のマイケル氏の腕はたしかだ。まあマッサージとしてはまあまあだけど、ヒーラーとしての腕はよいと思う。値段は若干高いが、その価値はありますね。しかし値段を吊り上げているなあと。きもちよくレセプションへ。いつものバリダンス。
 さてお仕事だが、バリの朝は気持ちいい。今回のサヌールビーチホテル、オンザビーチですから結構高いが、仕事のしやすさで選択。海を見ながらの朝食は格別。料理は平凡。

P1000037.jpg

 仕事の方は大臣が欠席したりといかにもインドネシア風の展開で、ぐだぐた。欧州からの参加者も不満。それでもよしとしましょう。私の出番もこなして、ディナーへ。これも結構欠席者が多かった。食事は平凡だが、ダンス、影絵、音楽と盛りだくさん。さすがに疲れて、最後まではお付き合いせずに、休む。
 最終日の会議もまあこんなものでしょう。昨日のディナー等で知り合いになった方々と少し交流してから午後はちょっとさぼって再びマイケル氏のところと、サヌールのスーパーへ。夜は日本人グループで。夜の便で帰国する方もちらほら。忙しいですね。私はゆっくり寝ます。

P1000024.jpg

 皆さんはウブドへ観光に行かれましたが、私は出発まで、ゆっくりと。近くを散歩して、ローカルの格安オイルマッサージに行き、浜辺で寝ころび、1時間ほどレイトチェックアウトで、空港へ。空港まではオーストラリアの大物とご一緒に。インドネシアの裏事情?をいろいろ聞く。来年に再会するかも。渋滞があるかもとか脅されていた割には、ホテルから30分ほどで順調に。まあ話が面白かったので、早く着いた気がしたんでしょうね。出国、チェックインもがらがら。いただけないのは中華航空のラウンジ。ミーゴレンを頼もうとすると5$とかいうんですよ。Noというと、要らないって。ひどいなあ。気分が悪い。そうはいいつつ、ゆっくりしてから再び1時間弱の遅れで、出発。ゆっくり寝て夜景のきれいな桃園へ。国光で台北駅、同じ安宿に。荷物整理をしていると2時になってしまった。
 朝8時過ぎには荷物を預けて、駅から南下する。ぶらぶら。時間もあるので、スーパーに寄ったり、中正祈念堂に寄る。午前中の重要ミッションで近くのショウロンポウ屋(黄龍荘)を目指す。台北のグルメブログで、その人の台北ベストということで。

P1000056.jpg
P1000053.jpg

 まあ悪くないってところです。これを目指してくるというほどでもなし。そのあと適当に入ったこっちの方がよかった(30元)。

P1000057.jpg

地下鉄で駅に戻り、奥様と娘さんへのお土産を泉發蜂蜜 の台北駅で購入。ミッションを果たし、宿で荷物を引き取り、再び国光で桃園空港(T2)へ。無事に帰宅しました。
 
今回のお土産の一部です。いつもながら食料品ばかりですね。
P1000058.jpg




おでん弁当

P1000075.jpg


今日も不義理の一日です。
お弁当ブログの時間がとれない。家族のことやいろいろ考えるよい機会なんですけれども。

今日の献立はおでん(おもち、大根、練り物)とニラ玉、チンゲン菜とシーチキンの和えもの、トマト、混ぜご飯です。
家族は夕飯で食べるんだろうな。子どもはおもちが大好きだからな、なんて考えるのは楽しいし、気持ちが和らぐ。
御馳走様。おいしかった。あったかい弁当もいいねぇ。

今日も明日の仕事のために、ひとつ連絡系会議を欠席するが、そのあとの部門会議は職責上当然出席しました。
それでこの時間、夜の仕事もこれから10時まで。そのあと明日のプレゼンについての検討。
電車があるうちに帰宅せねば。

鮭と春雨弁当

P1000074.jpg

昨日は夜中までに仕上げる約束の仕事があったので、帰宅は12時30分と遅かったが、熟睡できたので、今日は元気。
まだバリの元気が残っているというか持続せねばと思う。
しかし調子悪いのが、電子機器。新しいカメラが非常によろしくないし、今日はデータの転送で手間取る。USBの接続が悪いのかもしれない。
本当にこの手のトラブルは困る。

今日のお弁当は焼き鮭、春雨炒め、玉子焼、青菜の海苔巻き、トマトです。
焼き鮭は少し塩辛いのだけど、なかなか味わい深い。焼き加減も素晴らしい。
春雨とひき肉の炒め物。これもひき肉のうまみが春雨に移って、たいへんおいしい。久しぶりですが、またお願い。
玉子焼もなんだか久しぶり。ちょっと外側がぱりっと焼けていて、少しクレープ風。これまたおいしいです。
トマトはこの前からの妙に果実味のあるものです。伝統的な青臭いトマトではない。これも変化ですね。

本当にお弁当はおいしいなあ。お家のごはんが一番です。
今日もおいしく頂きました。御馳走様。

さてプレゼンがまた週末にあるので、がんまろう。来月の出張も決まったし、仕事のプレッシャーが続く。

ただいま弁当

P1000072.jpg


 インドネシアより無事に帰国しました。仕事のできは申し分ありません。上出来でした。予定の大臣は来なかったりと、いろいろありますが、それがインドネシアだと、納得するようにと他の参加者から諭されました。いろいろ不都合が最後まで続きましたが、それは流れていくものだと。現在の仕事の締めが明日で、別件のプレゼンもあるので、週末くらいには振り返りができるかもしれません。
ということで今日は締切の仕事でいっぱいな上に、さらに呼び出しやミーティングもある盛りだくさんな一日です。
夜まで頑張ります。

 さて、今日のお弁当は蓮根入り鶏ハンバーグ、もやしと玉子炒、トマト、それにt昆布です。
蓮根入りなのでサクサクと、歯ごたえがいいです。昨日のお鍋の転用ですが、焼いてもおいしいです。
もやしと玉子炒は定番です。ちょっと味が平坦かもしれない。しかしどういう味付けなら、いいのかと問われると答えにくい。結構むずかしい料理かもしれない。
トマトは妙においしい。果物の様な酸味と甘み。昆布が今日はあまりおいしくない気がする。今日はそういう味覚なんだろう。

今日もおいしく頂けました。御馳走様でした。
さて夜も頑張ろう。
プロフィール

ひけめっこ

Author:ひけめっこ
家族を愛する中年男性が愛妻につくってもらうお弁当を紹介していきます。

月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター