FC2ブログ

ハラスメントは恐ろしや

DSC00642.jpg


 どの組織にもあるはずのハラスメント対策の会議に出席したのだけれど、驚くことばかりでした。ハラスメントをする側は処罰されず、そのハラスメントを受けた側が基本的には泣き寝入りをすることがほとんどらしい。まあ部下がセクハラ、パワハラを受けるわけだけど、おおよそ当該社員(派遣とか任期付きとかそういう弱い立場の非正規職員も含む)が異動、退職ってことで終わりらしい。すごい話だ。上司はお咎めなしって。そんなものの対策会議に出席して、相談を素人ながら受けると、それだけでボス社員にハラスメントを受けるらしい。たいへんな委員会に入れられたものだ。全社的な対応以上に、部署や事業所ごとに対策をすることになっていることで、さらにセカンドハラスメントも生じるようだ。そんな状況だから、泣き寝入りってことになるらしい。恐ろしや。私も口のきき方が悪いと妻にもよく文句を言われるが、そんなものではないのがハラスメントらしい。その意味では少し安心した。しかしダイバーシティとかなんとかいうけど、いろいろ問題が多いなぁと思う。

 そんな気持ちがすっきりしない状況で食事の時間に。気分を変えて、楽しく食べよう。私は重病人なんだから。
 今日のお弁当の献立は自家製煮豚、玉子焼、蕪の酢の物、南瓜、アミと蛤の佃煮です。それと小豆玄米ご飯です。バランスがよくたいへんおいしかった。御馳走さまでした。大満足です。残りの昼休みは日向ぼっこですね。
 明日は投薬の決定のために、血液検査と診察のために、病院に行きます。やはり治療中は落ち着かないなぁと思う。
 

 
スポンサーサイト



珍しく忙しい一日

DSC00641.jpg

 朝から会議、打ち合わせ、会議、会議ということで、食事の時間の10分は確保できましたが、それだけ。一日の水分も持って歩いたペットボトルのみ。そんな日もあります。
 金曜日のお弁当は穴子、鶏手羽、菜の花です。いい炊き具合です。魚の甘みと醤油味醂の具合がいいです。魚屋さんで買ったのだろうか。おいしかったです。御馳走さまでした。

朝の出来事

 いやあ、驚いた。雨の通勤途中に人が倒れていた。夜の繁華街ならともかく、朝の通勤路に傘の下に女性が倒れていた。周囲には人がいなかったが、近くの民家に助けを求める。御主人はすぐに警察に電話してくれる。女性を観察すると、バッグにペットボトルの安ワインを持っており、うわごとを言う。アルコール依存症だ。近所の女性も来てくれて、心配している。彼女によれば、以前も酩酊しながら歩いている様子を見かけたようだ。自分のことを反省ているような「バカだねえ」といった言葉や、「帰れ、ほっとけ」といった言葉が聞こえた。近所の女性は通勤途中なので、行ってくださいというので、問題なしと判断して離れた。
 もちろん朝から酔っていてもそれは自分の好き好きだが、雨の中で倒れていたら、放置すべきではないと思う。私が疑問に思ったのは私の通勤路は比較的人通りが多いのに、彼女のことを誰も気に掛けなかったのかということだ。なぜだろう。そんなに日本は優しくない国になってしまったのだろうか?倒れていた女性に「帰れ、ほっとけ」と言われたが、私は彼女に聞きたい。あなたは雨の中に倒れている人がいたら、ほっておくような人間なのかと。おせっかいと言われても、私は放ることをしたくない。私は親切な人間ではないが、それくらいのことはしたい。それは私が倒れたら、助けて欲しいということでもある。助け合いの精神がないのなら、社会は終わりだろう。
 今の日本の社会保障制度も、自己責任という冷たい論理(のようなもの)を使って、コストダウンを図ろうとしている。金は大切だが、金だけで社会は動かない。自分が大切なのは言うまでもないが、他人と共存助け合いが不要なら、社会から出ていけと言う言説の通り、自分だけで生きられる富裕層は日本から出ていこうとしている(子弟を海外の教育機関に送るという選択肢を持ちうるような階層)。残るは私たち大多数派である中間層と労働者層だ。今こそ、再度強調すべきは、個人(の利益)ではなくて社会(の意義)、つまり社会的包摂(ソーシャルインクルージョン)だと私は思う。重病人の私も仲間外れにするなよなってことでもある。そんなことを考えながら、職場に向かった。

 今日のお弁当はチーズ椎茸、もち米シュウマイ、玉子焼、ブロッコリです。チーズ椎茸は定番ですが、こくもあっておいしい。七味が振ってあるのもアクセントになっています。もち米シュウマイは新作です。ひき肉のうま味がもち米にも移って、たいへんおいしい。自家製のシュウマイはたいへんおいしい。私の子どもの頃はシュウマイなんて作ったことなかったので、新鮮だ。玉子焼はおかず系の味。安定のおいしさ。ブロッコリはそのままでもよい。
 おいしく頂きました。御馳走さまでした。
 写真は撮っているのだけど、ブログに張り付ける機能が出てこない?なぜだろうか???

と繰り返し、いじっていると出てきた。以下に張ります。
 
DSC00638.jpg


快眠の大切さ

DSC00637.jpg


 ステロイド剤の副作用も消えて、もしかするとラベンダーの効果もあって、昨日はぐっすり眠れました。といっても3時までですが、それで十分。それ以外も現状では悪くない。投薬から1週間を経て、そろそろ白血球の減少もみられるだろうから、妻が強調するマスクをせねばと思う。
 今日のお弁当は鮭、五目豆、ブロッコリ、パプリカの炒め物、塩昆布です。昨日の鮭は味がなかったのだけど、これはおいしい。当然のことだけど、鮭にもいろいろある。同じ個体のはずだけど?五目豆はヒジキ入りで。たいへん落ち着いた味わいです。本当に素晴らしいと思う。充実です。
 御馳走さまでした。おいしかった。

 今日は早退して、ひな人形も出さないと。

ガンになってよかった

DSC00634.jpg


 入院して、抗がん剤治療に入り、そして退院。これは人生の転機を迎えたということです。人生に転機があってよかったと思う。あのままでは衰退ってとこだ。今までの謝りや間違いを正すことができてよかった。その意味で、死なないのなら、ガンになってよかったと思う。まあ死なない程度だと思う。余計なことをしないように、単純に生きることをしたいと思う。これを転機に。

 今日のお弁当は玄米小豆ご飯、鮭、さつま芋、ブロッコリ、スクランブルエッグ、アミの佃煮です。
 おいしく頂きました。御馳走さまでした。

 私の転機を支えるのは毎日妻の作る食事(弁当)と、毎日の野菜果物ジュースです。これを毎日1リットル以上飲んでいます。元の嵩は2キロってとこです。このおかげで体重が3キロ以上減りました。食べ物の嗜好も変わりました。多分ガンにならなければ、こんなジュースは飲まなかっただろうなと。思考もすっきりするだろうなと思う。今はまだ抗がん剤の影響があるので、ダメだだけど。
 これまでとはいろいろ違った人生になると思う。変化を楽しもう。

ラベンダーオイルで不眠解消は可能か?

 退院して2日目です。まだ写真を付け加えていませんが、それは明日以降に。

 プレドニンを朝昼と服用していた影響で不眠と便秘、そして若干の左心臓の鈍痛があります。まあその程度の副作用なら仕方ないなあというところなんでしょう。今日は外で日に当たっていたので、日焼けをして、明日から職場で、実はサボってどっか行ってたんじゃないのってとこでしょうか。それくだいトボけたオヤジでいいんですけど。
 午後は妻と娘と3人で近くのカフェに行き、退院を祝う。妻のご馳走。不眠なので、近くの生活の木へ行って、遅ればせながらラベンダーのオイルを買ってきました。家にあるアロマディフューザーで寝る前に使ってみたいと思います。「遅ればせながら」というのは今日で薬が終わったからです。600円ほどだったのすが、まあ一晩でもよく寝られればそれでよしと。もちろんこれからもプレドニンの投薬は5セッションあるので、そのときに残りは使えば良いわけですが。
 小箱を開封して、中を確認してみると、ラベンダーオイルだけで、フランス産、ブルガリア産、オーストラリア・タスマニア産と3種類もあり、それ以外にも似た様な名前がある。この世界もいろいろあるんだなあと。しかし3mlで600円ほどとはまあ高いんだろうなと思う。次に欧州に行ったときには、もう少し安く買えるだろうが、次の出張はこのクールの終了後だから、買う価値があるのだろうかとも思う。だって寛解の予定だから。
 どうでもいいことをグダグダと書くこともいいものですね。この書いている意味?それは分からないけど。まあ独り言ですから。
 

退院と確定申告、日記風に

 昨晩は最高にうるさい晩だった。隣のおじいさんのイビキが信じられないほどの騒音。他の2人もイビキ。同時の時が辛い。消灯がいつもより暗いので、寝やすいかと思ったけれど、しかたなくナースステーションに行って耳栓はないかと聞くと、綿球というものならあると言われていると、目の前の病室の付き添いの方が、親切にもダイソーの耳栓をくれた。たいへん助かった。しかし機能としては非常に弱いが、ないよりはずっとマシ。しかしながら薬の副作用なのだろうか。12時くらいまで寝られず。3時前に隣のおじいさんのシモの世話で起こされる。まあ仕方ないなと思うが、看護師さんの気持ちからすると昼にしろなんだろうと思う。しばらく寝られないが、そのうちうとうと。6時30分には起床時間。7時には同じ病棟で診察が開始される。忙しいねえ。8時から食事。最後の朝食だ。暖かいロールパンがおいしい。
 妻が9時過ぎに迎えに来てくれて、支払いを済ませて、退院。簡単なものだ。帰宅後は修学旅行から帰った息子は早帰りで寝ていた。11時30分煮過ぎには近くのネパール料理屋へ。まあインド料理。適度な美味しさと客あしらいのうまさで、なかなかの人気店。今日も満卓。
 帰宅後は妻と確定申告へ。比較的空いている。しかあし控除のための書類の一部を忘れて、妻に呆れられながら帰る。それを再度してしまい。さらに呆れられる。病院ボケ以上かもしれない。そういう間に息子の塾の時間になり、雨が降っているので、彼を送り、再度税務申告会場へ。今年は個人番号の打ち込みがあったり、本人確認があったりと面倒だった。しかし医療費が高額になっていることもあり、還付金が比較的多い。我が家のルールでは還付金は私のボーナス扱いなので、心から嬉しい。
 夜はお鍋らしい。

入院4日目

 特段薬剤からのアレルギーもなく、過ごしています。同室の騒音に悩まされるのが辛い。早く帰りたいと思ってたところ、担当医師から今朝の採血の結果問題ないので今日明日にも退院してよいとのこと。素晴らしい。
 朝食は和食で厚揚げの生姜焼きがうまかった。牛乳はあまりうれしくないが、仕方ない。(写真は後ほど)

 お昼は鱈とネギの甜麺醤炒、そぼろの味噌炒、きゅうりとセロリの韓国風の和え物、バナナ、ご飯。食欲が若干落ちているので、これくらいの分量でよいかも。これから食欲は落ちていくのか?少し心配だ。

入院3日目

 2日目から投薬を開始しました。若干のアレルギー反応で頭痛、腹痛、喉痛があったくらいで、特段問題なし。食事が少々足りないくらいと、4人部屋なんですが、同室のおじいさんがイヤホンを使わずにTVを見るので、そのクレームにイラついたくらいでしょうね。昨晩は妻が家の食事の残りの炒飯を持ってきてくれました。いやあ、おいしかった。現状では吐き気もなにもないので快適です。副作用はこれからですから。

ネットは事前に楽天で海外出張用のタブレットをテザリングに利用しているので、問題ありません。一番遅いというものでも、それほど問題ありません。動画はともなく、通常のサイトなら十分です。電話番号もあるのに合計で1600円ほどですから、これで私には十分ですね。データ通信が遅いから、上限もないなんて素晴らしい。これってLCCとレガシーの関係のような?気がします。この話をすると、面倒くさいから変えないという人も多いのですが、そういう人が月間8000円も使っているのですから、恐ろしい。
 当然毎食の写真はとっていますので、退院後にアップします。もう少し食べたいなあと。1階のコンビニに行くか。

入院初日


 ようやく治療に入る。午前中に入院して、まずは昼食。写真は後ほど。スパイスなど一切効いていないカレー。カレーというのかも怪しいが、これがざ病院食。
 初日は骨髄への転移を調べる検査からスタート。麻酔をして、注射。少し痛いくらい。我慢我慢。あとは薬剤師、医師からの説明が続く。いろいろな副作用が見込まれるということだ。治療には薬のブレンドが使われるのだけど、どの薬が効くのかは事前にも事後にも分からないようです。「そんなことを調べていたら治療は進まないし、そんな検査は大学病院くらいでしかやってないんじゃないの?」ということです。大丈夫かと思うけど、まあそんなもんでしょう。
 昨日はスカイプで英国のパートナーからお見舞いを受けたのですが、同じ同僚(女性)の夫も私と同様の病気らしい。ただ英国だけに通院での化学療法らしい。私の仕事のパートナーも病理医なので、私の状況について、深刻なものではないと励ましてくれました。来年には日本に来てくれるように仕事を進めていますが、さてどうなることか?私の妻も楽しみにしているので、うまくいくといいなあ。
 夕飯は魚と野菜の食事。こちらは味はまずまずだけど、量が私には足りない。明日からは食欲があるのだろうか???
 さて明日からの治療に備えて、熟睡したいものだけど、同室のおじ様がたのいびきが。。。。

※どうも写真がうまく入らないので、そのままにしておきます。

玉子フライ弁当

DSC00586.jpg


 そろそろ世間はバレンタインデーということで盛り上がっているのかもしれない。息子もすでにホワイトディという返礼の日についてまで悩んで妻に相談したらしい。いいことだと思う。私は入院するので、妻が言うにはバレンタインデーの食事は週末のようだ。息子の意識は家族から外へとどんどん出て行くんだなと思う。当然のことだ。

 今日のお弁当は玉子フライ、大根の煮物、ホウレン草、佃煮です。玉子フライはソース味だけど、なんだろう。何か違う。ご飯のお伴になるので、いいんだけど。単純なフライじゃないような気がする。大根の煮物は弁当にすると少し味が薄いかもしれない。ホウレン草はいっぱい入っている。葉物の値段も下がってきているようでよかった。佃煮は2種類。お弁当には佃煮を。ぜひお願いしたい。
 おいしかった。御馳走さまでした。
 英国のコンタクト先も1月は調子が悪かったようだ。13日締め切りの仕事があるので、今週ががんまる。確実に取っていきたい仕事だけど、実施は2018年と1年先だ。

鮭弁当

DSC00582.jpg


 健康は大切だなと思います。風邪であれだけ辛いのだから。来週から入院して治療に入るのですが、副作用が小さければと思いますが、さて。その前の今週はいろいろと業務が目白押しです。午後もプロジェクトのダメだしをせねばならないので、気が重い。私の部署でないのがさらに気が重い。

 今日の献立は鮭、鶏レバー、煮豆、ブロッコリ、佃煮です。
 鮭は昨日スーパーで買ったものです。値段なりなのでしょうね。そんなところです。でも鮭です。鶏レバーはときどき買うものですが、レバーのえぐみもないので、よいです。金時豆は自家製です。少し固めで、甘さ控えめです。ブロッコリも昨日から大量に食べていますが、飽きません。いつでも歓迎です。佃煮はご飯のお伴です。そういえば最近、昆布の佃煮を食べていないような。
 今日もおいしく頂きました。御馳走さまでした。おいしかった。元気だと食事も楽しい。

牡蠣弁当

DSC00580.jpg


 体調がいいのは、すばらしい。いろいろしたくなる。

 今日のお弁当は牡蠣の煮物、玉子焼、煮豆、コロッケ、ブロッコリです。昨日と結構近いんだけど、なんだかご飯との組み合わせが難しい。昨日は盛りだくさん過ぎるって感じだったのに。
 御馳走さまでした。おいしかった。




 

ナシゴレン弁当

IMG_0311.jpg


 今日もふらふらしながら出勤。朝には妻の参加したいという食の講座申し込みの電話をするがつながらず。つながったころには「満席」とのこと。残念。朝の業務を確実にこなして、昼食へ。

 今日のお弁当はナシゴレンです。インドネシア炒反です。辛い。最近辛さに弱いが、玉子があるので、なんとか食べられたってところ。味はそれほどきつくありません。そのあたりは上手に作ってくれました。おいしいかったです。御馳走さま。

 午後は13時から会議が開始し、自分のデスクに戻るのもいつになるや。最後の方は、帰って良いよと言われることを期待します。窓際族でいきましょう。日当たりがいいしね。

 

充実の弁当

 欧州滞在中から風邪に苦しみ、帰国後も続いています。土曜日は成田到着後に、その足で恩師の最終講義とパーティーに参加して帰宅。古い仲間と少しだけ飲むが、これがいけなかったようだ。日曜日は寝込む。月曜日は午前中は体調不良の中、業務復帰して、午後は病院で今後の治療方針について、妻とともに説明を受ける。火曜日もまだ復活しないが、月末締めの仕事をなんとかやりこなす。本日水曜日は体調管理のために休暇。こんな展開でした。今日もどうしてこんなに寝られるんだろうと不思議に思うくらい寝ている。食後も日向ぼっこしたので、また寝ます。健康は大切ですね。
 
 写真は帰国時の52番のKLMラウンジ。いつもの安心です。ここでの帰国までのひと時は本当に素晴らしい。食事する元気もないので、サラダと野菜です。

DSC00572.jpg
プロフィール

ひけめっこ

Author:ひけめっこ
家族を愛する中年男性が愛妻につくってもらうお弁当を紹介していきます。

月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター