FC2ブログ

職場復帰記念

IMG_0029_20180129122032ac2.jpg

 なんとか職場復帰しました。インフルエンザによる長い出勤停止でした。いろいろ考え事もできたしよかったけど、やはり事務仕事が山積みです。ばたばたです。
 今日もお弁当は玉子フライ、鮭、もやしの和え物、(見えませんが)ヒジキと五目豆です。
 玉子フライはこれくらいしっかりソースをかけて欲しいなあと。黄身の濃厚な味がおいしい。鮭は新巻鮭ということです。ややり魚やさんのものは品が違うのか。塩気が強くもないので、これはいい。もやしは昨日の夜がビビンバだったので、その残りです。私がコチジャンをスプーンに着けてしまっていたので、その残りも混ぜてしまいました。ちょっと辛いので、甘目のヒジキとバランスがよいです。

 今日もおいしくいただきました。ご馳走様でした。
 月末で締め切り書類がたっぷりだけど、乗り切ろう。体力が不安なので、定時上がりだ。

スポンサーサイト



インフルエンザは早期受診が肝要

DSC01586_convert_20180127231106.jpg
 
 この忙しい時に限って、よりによってインフルエンザになってしまう。

 既に娘が罹病し、隔離していたのだが、ダメだった。せっかく予防注射をしたのに。抗がん剤で免疫力が下がっているのだろうか。
 火曜日に娘同様に喉の調子がおかしくなる。水曜日夕方には平熱から1度上がったので、娘のかかりつけ医に診察をしてもらい、イナビルを処方してもらう。直ぐに服用。帰宅後38度ちょっとまで熱は上がるが、翌朝木曜日には36度台の平熱に。軽く済んだのは、予防注射と発病の初期のイナビルのおかげだろう。みなさん我慢は絶対にいけない。インフルエンザ初期に投薬をしよう。ポイントは平熱より1度熱があがったら、直ぐに受診ってとこだろう。いろいろサイトを見ても、この指摘がないのはどうしてだろう。不思議だ。

 水曜と木曜は義母の手術で妻も戻らないために、少々大変だった。妻がしっかり食事の準備をしてくれていったので、なんとかなった。本当にありがたい。義母の手術は成功したようだが、せん妄がはげしいようで心配だ。

 本日金曜日も頭痛は残るが、ほぼ元に戻った感じ。しかしウイルスを撒き散らしているので、家庭内隔離は続いている。受験生を抱え、妻に移すわけにはいかないから。この調子なら週明けには出勤してよさそうだ。私も月曜日の出張帰りに、義母を見舞おうと思っていたが、これも取り止めにせねばならない。その代わりに再度妻がお見舞いに行くようだ。申し訳ない。

 家庭内隔離病室での朝食の写真

やはり晴れはうれしいもの

IMG_0028_20180123111603f7c.jpg

 昨日は天候のこともあり、いろいろイライラが続きました。今日は打って変わっての好天。いい気持ちで仕事に臨めます。

 今日の献立は、鮭、ヒジキと五目豆、蕪の酢の物、小松菜の胡麻和え、それにふりかけです。
 鮭が塩加減も、味もよいです。これはおいしい。ヒジキと五目豆がほんの少し甘いので、バランスもよいです。小松菜はシャキシャキ。いつもより酸味が弱い蕪です。いろんな味を楽しめます。
 今日もおいしかった。ご馳走様でした。
 
 普通の一日でありますように。平凡っていいことだと思う。

しまった。忘れた。

 土曜日は娘の塾をどうしようかといろいろ訪問をしてみた。大手でもうまく教材を使えていないことに不満だったので、個人系の集団授業をやっているところを回る。いろいろだなあと思う。ポイントは例題とそれからの展開だ。例題を十分に理解させて、それから応用へと展開していくときに、パターンで認識させているかどうかがかなり重要だと思う。適当にやって、あとは自分たちでという展開を、現在の塾ではやっているとことに不満があった。これは教師の力量とは言えない組織の問題だと思い、退塾させる予定。まあ自分でできる子ならば、塾なんて行かなくてもいいんだけど。そろそろ勉強も頑張ってもらわないと。私も早めに帰宅できる日はしっかり教えようと思う。
 日曜日は妻が義母の手術の説明のために不在なので、私が管理者に。息子も受験が近いのに、緊張感というか悲壮感はない。大丈夫じゃないという自己認識が欠けているためだ。彼はなんとかなると思っているのだろう。自分で切り開け。夕方に妻は帰ってきた。まあ義母は後期高齢者なので、それなりのボケがあるんだが、それにしてもかなり進みが早い。それにどこまで合わせられるのかは私たちの問題だ。既に妄想の世界の比重が大きくなってきているから。体の痛みから逃げる意味もあると思う。

 と長々とかいたのだけど。今日の弁当の写真を忘れてしまった。こっちの方がボケているんだなぁと。昨日妻が買ってきてくれたお惣菜のお弁当でした。デパ地下は近所の総菜屋とはレベルが違うなあと。下ごしらえがしっかりしている。でも値段も2倍くらいかな?
 献立はシュウマイ、海産物と青菜の炒め物、エビとちくわの揚げ物、佃煮でした。おいしくいただきました。ご馳走様。

 雪が降るので、さっさと帰ろう。月曜日のスタートの良し悪しは週末の過ごし方次第だなあと思う。
 
 

おいしいのは、なぜ?

IMG_0027_20180119130248267.jpg

 昨日、妻は母上の通院に付き添ったところ、その場で入院という診察結果だった。老人の容態はかなり急激に変化するものだなあと思う。常に変化しているように思う。それも総じてよくない方向へ。自尊心の高い人は老人になると扱いにくくなるというのは、理屈の上でも理解できるが、義母についても当てはまる。現実と過去のギャップを処理しきれないのだろう。それは将来の視点は既にないからだろう。これは子どもと大きな違いだ。病気を抱える初老の私も行く末をよくよく考えていきたいと思う。

 帰宅した妻は疲れ果てていたという様子でもなかったが、心労は小さくなかったようだ。帰りの電車に乗っているときに、子どもたちが夕飯を食べる画像を送ったところ、「元気になった」と返信があった。家族というのは理屈のつながりではないなと思う。利害関係ではないってことだ。

 私も昨日は仕事があったので夕飯を準備することはできなかった。というときには、お惣菜でごまかすこともある。そのお惣菜を食べている画像でも、誰かの力になれてよかったと思う。食事そのものの味はたいして重要ではない。おいしさは別のところにある。お弁当もそのお惣菜を妻が詰めてくれたものです。黄色い弁当だね。ありがとう。おいしかった。

雨の日のお弁当

IMG_0026_20180117125434f2a.jpg


 今日は部下がやっている(手がけようとする)プロジェクトのプレゼン批評会。まあ中間報告。シニアが若手の仕事にいろいろ文句をつけるってところ。まあ批判は簡単ってことで。「おじさん(おばさん)よ、自分の仕事を見せろよ。」って言いたくなることもあるなあ。自分の部下への批判は、私への批判のようなものだ。どういう監督教育しているんだってことで。頑張ってコンペに勝って、仕事をとってきて、そいつらに見せつけようぜ、ってところだ。私も応援するからと励ます。いつもの厳しい私が助けに回る。

 そんな会の合間の、へんなテンション(慣れないイイ人モード)でお弁当です。今日の献立はソーセージ、サツマイモの素揚、玉子焼、千枚漬、ホウレンソウ、佃煮、それに玄米と小豆ご飯です。
 おいしかった。ご馳走様でした。

 お客さんの前やコンペの会場で、こんなことにならなくてよかったね、ってことだ。褒めて伸ばすなんてことは、我々の業界にはない。潰されるか、その前に伸びるかだけだ。ここに残りたいのなら、頑張れ若人!そんな気持ち。



 

久しぶりの夜弁当

IMG_0025_20180116185202f7e.jpg

 残業があるので、昼は社食で食べて、夕方にお弁当です。社食は揚げ物とかラーメンなので、ちょっと辛いので、そういうことになっています。
 青菜も野菜もあるバランスのよいお弁当です。おいしかったです。ご馳走様。

遅ればせながら、今年のテーマ

IMG_0023_2018011213265790e.jpg


 正月が明けて、仕事が始まったと思うと、またお休みです。今晩は娘と妻がコンサートに出かけるので、私は自由時間!ということで、私はサウナでリフレッシュです。時々行くと、毒素が抜けるような気がします。
 なんとなく腑抜けていますが、間接業務はこなしています。直接の本業の方がもう一つで悩んでいます。午後は頑張ろう。3月には再び英国出張があるので、それまでにいろいろやっておかねばなりません。コンペの締め切りもあります。そろそろとっておきたいなあと。昨年と違い今年は国内での仕事がブッキングされています。期待されているのかされていないのか、複雑なところです。かなり健康になっているので、前向きに頑張ろうと思います。

 私はすぐにネガティブになってしまうとが弱みです。「べでるの家」という精神病患者の共同生活の場を主催されている、向谷内生良先生が精神障害とは生きるのが辛いときに、世の中との接点を遮断してしまうことで生じると言います。遮断すればするほど、人とのつながりがなくなるので、その重要性を自覚するということです。うーん、その通りと思う。さらに「べでるの人たちは、嘘をついたり人を恨んだり憎むと、すぐに調子が悪くなるんです。だから働く前に仲直りしたり、正直にならないと仕事をつづけられない。」これも分かるなあと。職場はともかく、家族での諍いがあると、私はテキメンにおかしくなりますから。
 今年は人とのつながりについて再検討して、自分の在り方を考えていきたいと思う。これが抱負ですね。他人が居なければ、仕事なんて必要ないんですから。
 
 なんて書いていると制限時間がなくなります。
 
 今日のお弁当は鮭、鶏、千枚漬、切り干し大根、昆布の佃煮、ご飯は小豆玄米です。バランスがよく食べられました。おいしかったです。ご馳走様でした。

繰り返しが多いのはクドイのか?

IMG_0018_20180110123515acd.jpg


 「バカの壁」はなかなか乗り越えなれない。特に老人はいったん思い込むと、それを上書きできないということだ。義母のことではいろいろたいへんだ。私自身も初老と言える歳になっているので、新しいことを深堀することには時間がかかる。それでも毎日の仕事自体が自己変革を求めるので、自分の限界については理解しているつもりだ。特に反応が遅くなってきているのはよくわかる。決断力に問題があるのは、分かる。そこで考えているのが、早めにできないことを認めるという戦略だ。直ぐに助けを求める。まあ社会人としては問題だろうと思う。なんてことを書くうちに既に昼休みも終わりに近くなってしまった。

 今日のお弁当は、貝柱フライ、玉子フライ、伊達巻、千枚漬、小松菜です。
 貝柱は実においしいのだが、ほとんど材料が入手できないし、手間だろうと思う。義母経由で頂くものだが、これで終わりかな。玉子フライは久しぶりだ。びしゃびしゃにソースをかけてくれるといいのに、と思う。伊達巻は甘くて、出汁が効いていてうまい。昔は甘いオカズは大嫌いだったけど、最近は結構好きだ。年齢を経ると食事の嗜好も少し変わるようだ。千枚漬も長男の好物だが、私も好きだ。ここで佃煮があるとパーフェクトなんだが。小松菜はぱりっとした食感がうれしい。
 今日もおいしかった。ご馳走様。

 帰宅後は娘の計算ドリルを見るのかな。
 

タイミング悪し

IMG_0016_20180110100221bf2.jpg


  憩いの昼ごはん時に電話が入り、その後も仕事が続くとアップを忘れてしまう。ごめんなさい。
 美味しかったです。ご馳走様でした。

七草粥

DSC01506_convert_20180107204801.jpg
 
 今朝は七草粥でした。蒸らしの入る永平寺風とのことです。野菜も適当に火が入り、おいしかったです。
 永平寺といえば、「ゆく年くる年」で寒い雪に埋もれる永平寺をみるのが楽しみだったけど、今年は見なかったなぁと妻と話ながら、お粥を頂きました。消化によいのですぐにお腹が減ります。

 正月もこれで終わりということで、家族で神社へお参りです。観光地でもあるので、朝から結構な人出です。息子の合格祈願、私の健康、義母の健康などなどを祈願する。毎年のことだが、おみくじを引くのだが、これがすごい当たっている。気をつけねばということがズバリ書いてあると思う。気を付けよう。(私のだけじゃなくて、息子のも)


IMG_0019.jpg


 昨年の嵐を乗り越えたと思いきや、今度は義母の介護が大きな問題として浮上。さてどうなるのか2018年。息子の受験も、私のがん寛解1年はどうなるのか。

2018年初弁当

IMG_0015_20180105115526c90.jpg

 正月気分というのは本当に薄れてしまったなあと思います。私の子どもの頃はカルタや凧揚げや羽根つきもやったし、年末には餅つきもやりましたから。我が家で残っているのは、お飾りをすること、お節を食べること、お年玉を上げること、年賀状のやりとりくらいでしょうか。これをグローバル化というのでしょうか。

 今日のお弁当はとんかつ、千枚漬け、ブロッコリ、伊達巻、佃煮です。とんかつは2枚です。新年早々うれしいですね。お節の残りが入っているところが、いつもとの違っていてよいです。
 寒いせいか、元気がないので、今日のお弁当はおいしかった。ご馳走様でした。今年もよろしくお願いします。

 さて、午後も頑張ろう。気が重い仕事なんだけどね。

 

2018年の御節

DSC01403_convert_20180102162801.jpg

 2018年の我が家の御節です。もう義母も料理ができなくなってしまったので、ついに外注です。近しい料理店のご主人にお願いしたものです。妻は今まで人の作った御節は食べたことがなかったとのこと。そういうものかな。妻と結婚してから、暖かい家庭というものをはじめて知ったと思う。正月の食事もそうかもしれませんね。
 この御節には義母と妻にはいろいろご意見がありましたが、素晴らしい御節でした。ポイントは黒豆と筑前煮でしたけど。確かに。妻が義母の味を受け継いで、来年は作るのでしょうか? 
 一昨年、去年(数日前ですが)、今年と時間は移り変わります。同じようなことが続いているように見えて変化は止まりません。さて、昨年のことを思えば、元気なんです。あの時の「想い」を思い出してしっかりやろうと思います。
プロフィール

ひけめっこ

Author:ひけめっこ
家族を愛する中年男性が愛妻につくってもらうお弁当を紹介していきます。

月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター