FC2ブログ

東京って何でしょう?

IMG_0049_20180228131755a75.jpg


 「ブルータス」の東京特集。糸井重里は「・・・『下町が大好き』っていう人たちが住んでいるような下町よりは、本当はこうしたかったとか、もうし諦めてんだよとかさ、”しょうがなくてこうなっちゃった”っていうのが、真ん中にある町がいい。そういうところには、なんていうか人らしい小ささ、弱さがあると思うんです。」という(93頁)
 いいなあ。諦めは大人の印かも。

 今日も楽しく過ごそう。週末はお出かけだ。何があるのだろうか。
スポンサーサイト



平穏無事がなにより

IMG_0046_20180227133757c6e.jpg


 当地は春が近づいているような日が続きます。冬でも日が出るのはいいですね。

 今日のお弁当は妻が買ってきてくれた「天むす」とお吸い物です。ちょっと遅い時間のお弁当です。天むすはいろいろあるけど、ここのが一番です。佃煮がなんだかおいしい。一日経っても、ご飯がおいしいのは素晴らしい。お吸い物は調味料がきついけど、これはこれでおいしい。

 夜まで頑張ろう。いろいろ外部の人の助けがあって、仕事ができそうだ。ありがたいことです。もうすぐ3か月振りの欧州です。まだ寒いかな。妻にはお土産を買えるだろうか?

山と波

IMG_0044.jpg

 当たり前のことだが、心と体の調子には波があるようだ。季節の変わり目でもあり、この時期はいつもよくない。よくない中でも小さな波がある。昨日は最低だったように思う。つまり今日は調子がよくなりつつある。家庭には問題はないが、職場の不穏な動きのせいかもしれない。精神を平穏に保ち、業務執行に注力せねばと思う。

 今日のお弁当はソーセージ、玉子焼き、金時豆、白菜の酢胡麻和え、トマトです。夕飯に昆布の佃煮を食べたので、今日はないのだろう。ソーセージが主菜だと思う。玉子焼は安定的にうまい。いつも同じに作るのは難しいだろうと思う。金時豆は購入品だと思うが、よく炊けている。白菜はもう少し酸っぱくてもよいような。もしくは今回は酢が入っていないのかもしれない。
 今日もおいしかった、ご馳走様でした。

 義母も急性期病院から療養病院へ転院が決まった。よかったよかった。
 
 

変わらないものなどない

IMG_0043_20180222133424289.jpg


 変わらないものなど、ないからこと学び続ける必要がある。変化を恐れることが老いだと思う。

 行きつけのカフェが移転に伴う閉店をするという。前向きな転換だと思う。それでどうなるのだろうかと思う。お客からすると今までの通りでよいのだけどね。マスターからすると、成長を目指したいのだろう。変化を目指したいのだろう。お客はそれを受け入れるか否かってことだ。私たちは今まで同様に定期的に行くかは分からない。今朝は妻とお別れに行ってきた。年を取るとお別れが多いなあ。(初めましてがないとね。)

 今日のお弁当は、フライ、ポテトサラダ、切り干し大根、金時豆、アミの佃煮、トマト、玄米と小豆です。

 おいしかったです。自宅で作るフライはやはり油がよいと思う。ありがとう。

武士に二言は、

IMG_0041_20180221114222bbd.jpg

 そうは言っても、この時期は花粉症もあって、体調はよろしくない。免疫力が下がっているということだ。右足に引き続いて、左足も時折痛い。ちょっと恐ろしい?が、おそらく座骨神経痛とか、その程度だろうと思う。武士は我慢だ。

 今日のお弁当は酢醤油玉子、シュウマイ(手前の白い)、ポテトサラダ(真ん中)、アミの佃煮、玄米ご飯です。白くて地味なご飯ですが、玉子はしっかり味が染みていて、素晴らしい。ポテトサラダも粒マスタードがいい。自家製シュウマイもご飯のお供にぴったりだ。
 今日もおいしく頂きました。ご馳走様でした。

 午後は懸案をやっつけよう。それがいくつもあるのが、困ったもんだ。武士なのに。

武士の覚悟

IMG_0040_201802201406064ed.jpg


 昨日は古くから付き合いのある経営コンサルタントとの会合でした。とても久しぶりでした病気の前から会っていないから、2年ぶりくらいか。5時間以上みっちりお話をしました。彼は60才を過ぎてもご活躍のようで、新しいネタがあります。最近はある公益財団で片親の中学校3年生が進学するための奨学金制度を作るのを手伝ったそうです。募集すると、まあこれがすごい生徒さんばかりで、塾も行かないのに皆さんオール4以上で、その上生徒会役員、クラブの部長等々で、作文には「困った人のために役に立ちたい」なんてことを書いてくるらしい。うちの息子は甘すぎる。
 あと面白かったのは日本の労働力不足は移民でなんとかするなんて無理だから、ロボット化で対応しろって言ってました。労働生産性を3割上げれば、生産人口が7割になっても大丈夫だって。そっちの方が実現性があるかもと。日本人は多様性への寛容性があまりに低いから。
 呑んだ時に、病気のことも話して、どうも気分が暗いと相談してみた。それに対して「武士として生きる覚悟をもて」と。ガン患者などは余命が示された時点からの生の方が濃密だっていう人が多い。私も自分の生をもっと充実させるために、覚悟をしようと思った。仕切りなおそうと思った。ダラダラ生きてはいけないと思った。ベストを尽くそう。

 今日のお弁当は唐揚げ、ほうれん草、玉子焼、なます、昆布の佃煮でした。今日もおいしかった。ご馳走様でした。

 気持ちもハレバレ。

珍しく人に会うことが続く

IMG_0039_20180215123950c99.jpg

 人嫌いなので、友人などいないし、外出もほとんどない。そんな私でも今週から来週までは外出が続く。今日は昔のボスとの面会。明後日も職場関係の会合と呑み会。月曜日も少しだけ仕事関係も混じる会合と呑み会。年度末だから出張が多いとも言えますが。

 今日の献立は鮭、ハンバーグ、玉子焼、なます、ブロッコリ、昆布の佃煮です。
 いつもの味はおいしいなあ。ご馳走様でした。

 昨日のバレンタインのことは遡って、書きます。昨日写真を撮り忘れたので。妻からのラブレターはいつでもドキドキ。

人嫌いでも、一人は嫌かもしれない

IMG_0038_201802141203387b4.jpg


 長らくブログも続いているなあと思う。ほとんど読んでいる人のことを考えていないのが、続いた秘訣だと思う。秘密じゃあないけれど。まあ独り言。読む人のことを考えているのなら、FBでよいわけだが、あれは自分の私生活を知らせるというか、ひけらかすためのものだから、こことは少々意味合いが違う。日記とも違うけど、大きく違うのは画像があること。画像日記というのが、私とっての位置づけだと思う。
 朝は妻の調子が優れないようだったが、朝食と弁当を準備してくれた。義母のこと、自分の仕事のこと、息子の受験のこと、いろいろありすぎるのだろう。支えられず済まないと思う。台所を整えてから、出勤。同業者のところで、雑談。人事の不満。どこにでも不満はあるが、その不満を聞くのも興味深い。似てて違うから。建物を出たところで、その会社の別の関係者と会って、この案件の話をすると、当然知っているとのこと(私の面会者から既に話題に上がっているので、確認として見解を聞いた)。いろいろ対応について考えているとのこと。夜の会合でも話題になるか?
 自分のやる気がないのは仕方ないが、組織をダメにするのは止めて欲しいと思う。顧客のため、社員のため、組織のため、社会のため、自分は最後に、と思うが。その逆の上司は組織をダメにする。崩壊は秋とのこと。


 そんなこんなで、今日もお弁当。
 今日の献立は春巻き、野菜の煮物、ほうれん草の胡麻和え、イカの炒め物、アミの佃煮、トマトです。弁当は味が濃いと食べやすいと思う。野菜もあるし、バランスがよいと思う。
 ありがとう。おいしかった。

 午後は面会があって、夜は会合だ。帰ったら、妻と娘がプレゼントを用意してくれているのだろう。楽しみだ。

(追記)昨年と同様に妻からはボンボンとカード、娘はアーモンドチョコでした。でもカードも似顔絵もなし。

DSC01587_2018022110273729c.jpg

どこへ行くのか

IMG_0037_20180213115931873.jpg


 週末はゆっくりしつつも、家族で義母のお見舞いに。昼前に行くが、ぐったりしていた。食事もとらないようだ。理由は口内炎とのこと。おいしくもないと。歳をとると味覚がマヒするので、相当味が濃くないとお気に召さないのかもしれない。まったく動かないのでお腹も空かないのかも。すっかり骨と筋だけになってしまったのに、血糖値が高いとか言われても、よく理解できない。さらに主治医には脳梗塞も起こしていたが、手足のしびれが既にあったので、気づかなかったようだとも。
 
 段々と衰弱していくばかりだと思っていた。そうなのだけど、好物の鰻を少々、ゆで卵(病院のコンビニのはおいしいようだ)1個、カットフルーツ、2切れくらいを昼食後(あまり食べてないようだったが)、しっかり食べて、午後は結構はしっかりしていた。これは孫の力なんだろうか。食べないとやはりだめだなあと思う。食事は大事だ。
 
 そんなこんなで、いいのかなあと思っているうちに、退院後のことも十分に確認せずに帰宅してしまう。週末に妻から聞いてもらおう。さっさと決めていかないと。周囲の専門家に聞くが、難しい。よいケアの定義はむずかしそうだ。本人の嗜好をよく推し量らないと。

 今日のお弁当はシュウマイ、サツマイモの素揚げ、ホウレンソウの胡麻和え、玉子焼、トマト、佃煮です。
 やはり妻の作るご飯はうれしいなあ。今日もおいしかった。ご馳走様でした。

 さて、午後も頑張ろう。今週は一日短いし、その上、イベントが盛りだくさんだが、締め切りは待ったなしだ。

 


 

なんだか腑抜けている

IMG_0036_2018020914484320d.jpg

 先月から右足のふくらはぎの筋が痛いので、定時上がりでいつものマッサージへ。軽い肉離れじゃないかということで、周辺部をやってもらう。腰が特に痛い。たいへん眠いが気分はよくなり帰宅。夕飯を軽く食べて寝る。
 当地では今日はたいへんよい天気です。春のようだ。窓からの日差しで日に焼けそう。若干腑抜け気味ですが、仕事はしっかりと。本日締め切りの仕事はばっちりです。あとは大物がありますが、それは週明けでよいかなと。仕事というのはおおよそ仕上げてからのブラッシュアップに労力と時間がかかる。仕事の質は時間と投入努力の大きさ次第ですね。どこまでやるか。

 と、いうことで、本日の献立はソーセージ、煮豆、切り干し大根、ほうれん草の胡麻和え(見えない)とトマトです。万能のソーセージがあれば、なんとかお弁当は成立しますが、青菜も豆もあるので、上等ですね。
 今日もおいしく頂きました。ご馳走様でした。
 
 軽く残業をして帰ります。仕事を提出して、次の仕事だ。

メメントモリ

IMG_0035_201802081216132ea.jpg

 昨日、妻は実家のお母さまのお見舞いに。既に認知症の気配も出ている中で、手術もした状況で、荒れていると聞いている中での訪問。お怒りというよりも諦めの様子だったとのこと。そうなんだ。そうか。と、思う。
 私は義母よりも(たぶん)早く死を意識したが、その後回復したことにより、生、つまり永続性を前提とした生活に戻ってしまった。惰性の毎日と言った方が正確だ。これでよいのかと再度考えさせられた。
 今日のユニクロの宣伝で、松浦弥太郎は人生におけるビジョンの大切さを説いて、「そのビジョンは本当にそれでよいのかを毎日問い続けなければならない。そして今日はそのビジョンを達成するための一日であったのかを考えよ。」と言う。そうだ。その通りだと思う。それができなくなったことが、「死」なんだろう。生かされているってことは、生きていない、ってことだ。

http://www.uniqlo.com/lifewearstory100/027/?utm_medium=email&utm_source=uq_html&utm_term=uh_180208lifewear&utm_content=107&dpk=-1548592264

 今日のお弁当はおでんと焼き飯だ。冬の汁物は実においしい。染み渡る。焼き飯は家庭の味だ。
 今日もおいしかった。ご馳走様。ありがとう。何があっても、あなたは生きて欲しいと言っていたね。

 今日の一日が悔いのないように。


唐揚唐揚

IMG_0033_20180206122605cd8.jpg


 節分ということで、春ですが、まだまだ寒い。日本海側では大雪とのこと。たいへんです。ご苦労さまです。風邪を引いているわけでもないけど、昨日の夕方は寒くて仕方がなかった。若いころは足が寒いなんて感じたことがなかったのに。病気に悪いので、体温を上げないと、と思うのだけど。なかなか難しい。特に帰宅後が。どうしたらいいんだろう。

 私の場合(多くの人もそうだろうけど)、仕事は将来に向かってやっているのだけど、現在の取り組みは4月から8月に実施するプロジェクト2本について。自分の中では転機にもなるよい仕事だと思うけど、さてどのように使えるのだろうか?職務経歴にも結構使えるかな。転職でもアピールできるかなというところ。頑張らねば、というレベルのもので、流すわけにはいかないなあと。

 今日の献立は鶏唐揚げ、春雨のサラダ、酢醤油玉子、ホウレン草、佃煮です。唐揚は自宅のものが濃すぎないので、いいなあと。春雨はもっと酸っぱくてもいいような。玉子は薄目の味つけです。
 おいしかった。実は昨日の昼は唐揚げ弁当だったんだけど、油が良くないし、重いし、唐揚げだけの弁当でちょっとなあ、と思っていたところ。まあ410円だから仕方ないか。

 そんな中にも管理業務という揉め事を収めに行く仕事が年末ですからいろいろあるわけです。さて、そろそろ行かねば。

大人の流儀

IMG_0031_2018020211323378b.jpg

 公正明大というのは組織運営の基本だと思うが、それが担保されていないのが、よくある日本の組織だ。 私の職場も同じ。あるとき英国のパートナーに職場で人種差別があるとかないとかの話をしていた。明白な問題が有って、文句を言い続けても、日本の職場ではそれは疎外されるだけだと私は言った。無駄だと。決定は私たちがするのでもないし、それに対して影響力も行使できないと。
 それに対して英国では上司(席新車)に対して文章でしっかり提案をすれば、ほとんど解決できると言っていた。学校でも、職場でも、なんでも適切な問題提議は必ず取り上げられるというのだ。このように組織を信じられるのは本当に素晴らしいと思う。国会を見てみよう、あれは議論なのか? 県議会を見てみよう、あれで問題解決に繋がったのか? 市議会を見てみよう、議員は質問と感想を区別できているのか?職場を見てみよう、意見の内容じゃなくて、誰の発言かが重要なんじゃないのか?
 
 今必要なのは「合意形成」とか「討議」じゃなくて、発言ができるということだし、その前提には発言は意味のあることだと市民が信じることではないのか?
 
 
 本日の献立は鶏肉のトマト煮(見えないかも)、コンニャク、玉子焼、切り干し大根、佃煮、りんごです。
 鶏肉のトマト煮は薄味がポイントだと思う。調味料で恋より、これくらいが和食とのバランスとしてはよいと思う。コンニャクは冷たい印象。玉子はこれくらい「ゆるい」のがいいと思う。ふわふわというか。火が通りすぎていないのが、おいしい。甘さとの整合性ってところもあるんだろう。切り干し大根の定番の味。私の育った家ではよく食べさせられたなあと思いだす。佃煮はいつsもながらマストです。そういえば、どこかで海苔の佃煮のおいしいのはないかなぁと思う。珍しく果物付きです。娘もお弁当だったからでしょうね。ウサギさんだし。

 まあ、いろいろあるなあ。大人になれって? それは断る。



「それもきっとしあわせ」って覚悟


 

月は奇麗だなあ。

IMG_0030_20180201125613b36.jpg

 1月が終わり、2月に。月末から年度末へ。来年度の計画仕事が次から次へと来る。そんな時期。中三の息子の入試もやってくる。残念なことに、具体的な介入が難しいので、「頑張れ」以上のことは言えない。高校入試はそれなりの「壁」になるので、ここは頑張りどころだ。自分で自分の可能性を狭めることはして欲しくないのだが、さてどうなるか。私のように頑張らない親が励ますのも、なんだかなあというところがあるのかも。


 さて、お弁当です。今日は鮭、玉子焼、切り干し大根、小松菜の胡麻和え、アミの佃煮、小豆入りの玄米です。
 鮭は薄塩ですね。玉子焼きはいつも同じなんだろうけど、久しぶりに食べると実においしい。甘すぎず。切り干し大根は太目ですね。これも出汁の味を吸って、イイ感じ。ザ・煮物です。小松菜は歯ごたえ。そういえば、アミの佃煮はどうしたんだろう?買ってきてくれたんだねえ。ご飯の水加減は私の仕事なんだけど、少な目にしたつもりが、これでもまだ柔らかめだ。加減は難しい。
 今日もおいしく頂きました。ご馳走様でした。

 夕方は2つ会議をこなしてから、帰宅です。 会議まで頑張ろう。


ゲルギエフ渾身のボレロ! (ロンドン交響楽団@バービカン) 

プロフィール

ひけめっこ

Author:ひけめっこ
家族を愛する中年男性が愛妻につくってもらうお弁当を紹介していきます。

月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター