FC2ブログ

台風一過?

IMG_2325.jpg

 昨日は帰宅時も問題なかったのだけど、帰宅後にそれなりの雨量でした。それでも窓を開けられたので、よかった。気温は欧州より低いけれど、湿度がかなり高く、どうにも暑い。家族からも口癖が「暑い」と笑われる。ついついベンダの寝椅子に座ってしまう。
 昨日は睡眠導入剤の効果もあってよく寝られたので、今日は元気です。明日も出張なので頑張ろう。

 今日のお弁当は鶏唐揚、夏野菜の肉味噌炒め、玉子焼(ほとんど見えない)、小松菜、トマト、蛤の佃煮です。お弁当の華は肉でしょうか。同じ献立でしょうから息子も喜んでいるでしょう。でも彼にとってナスやインゲンの味噌炒めはどうでしょうか。私は大好きなんですけど。小松菜の苦みが感じられるのもいい。今日の玉子焼は柔らかく甘い系かな。
 おいしかったです。ご馳走様。

 さて妻に起こされるほどよく寝て居たいので、今日は元気だ。どんどん庶務をこなそう。
スポンサーサイト



大雨がやってくる

IMG_2324.jpg

 今日から大雨のようだけど、まだ当地ではたいしたことありません。帰宅時がたいへんなんだろうか。予想と比べて遅いので、出勤時が降っていなかったのが幸いと考えるべきなんだろう。こういう日はさっさと帰ろう。サウナでリフレッシュしたんだけど、なんだかまだ疲れて、シャッキリしないし。

 今日のお弁当はシュウマイ、玉子焼、人参のマリネ、枝豆、煮豆、トマト、蛤と昆布の佃煮です。自家製の大型シュウマイです。今日の玉子焼は少し塩気がある。それがいい加減だ。佃煮も塩分はあるけど、比較的甘味を感じるので、要はバランスなんだなあと。枝豆のたんぱくさもいい。単品というより全体のバランスが大切。
 ご馳走様でした。おいしかったです。

今日も通院

IMG_2323.jpg

 今日は形成外科に寄ったので、お弁当が偏ってしまった。せっかくキレイに詰めてくれたのに、妻よゴメン。
 
 今日のお弁当は鮭、茹で鶏、金時豆、切り干し大根、トマト、椎茸と昆布の佃煮です。鮭は適当な塩加減です。茹で鶏はたっぷりのマスタードです。昨晩私たち夫婦はユズすこで食べましたが、息子は粒マスタードを選びました。いつもながら彼はおいしいものを知っているなあと思う。これも妻のおかげですね。切り干し大根と金時豆というオカズの定番が並びます。
 今日もおしかったです。ご馳走様でした。

 今日は少し超勤をしてから、サウナで一汗をかいてきます。健康管理が一番ですから。

 

おいしいものを食べると...

 

4381.jpg

 午前中は打ち合わせの中で、「おいしいものを食べると?」という話があった。おそらく日本人を対象にした調査だろうが、「幸せになる」というのが圧倒的大多数のようだった。ちなみに私の回答は「満足して眠くなる」でした。さて皆様はどのように回答されるのだろうか。
 日本人は食事そのもののおいしさに関心が集中するのだけど、どうも先週一緒にいた人たちを見ると、食事の場が楽しいことがより重要なのではないかと思える。というのも日本人ならレストラン選びをネット検索で徹底的にするだろうけど、彼らはほとんどそんなことをしないからだ。彼らの母国ではないためかもしれない。

 今日の献立はタラコ、玉子焼、人参のマリネ、マグロの味噌漬け、トマト、枝豆、昆布と椎茸の佃煮です。
 いつもながらおいしいお弁当でした。出張中はがっつり食べる系だったので、このようにいろいろ食べる食事は本当にうれしい。おいしいなあ。ありがとう。ご馳走様。

帰国です

 長い出張でした。最初のアムステルダムのことを忘れそう。いろんなところで、同じ人に会っているので、どこで会ったのかお互い忘れそう。インターネットだけでは仕事が進まないなあと、当たり前のことですが。

 さて、日本に帰ってすぐに仕事に取り掛かろう。楽しみです。



IMG_2274.jpg

 ポーランドのお土産です。ポーランドって実はチョコレートが結構おいしいんです。プラムのチョコは娘の好物です。インスタントスープはそのうち妻が作ってくれると思います。

IMG_2321.jpg

 これもポーランドの蜂蜜とジャムです。最近あまり食べないんだけど、ついつい買うのが蜂蜜です。前回のロシア土産もあるけど。上の小瓶は甘露蜜というもので、マヌカハニーより抗菌作用が高いらしいので、ぜひにとポーランドの知人(の奥さん)に探してもらったもの。空港でも売ってなかった。大びんはソバ蜜。どんな味なんだろう。透明な蜜は安いから酢に入れて飲むように買った。

IMG_2322.jpg

 フランスの庶民派スーパーのオーションのエコバッグ?です。ポーランドにも進出していました。シックな色合いが目に留まりつい買ってしまいました。ステキでしょう!





魔都プラハか?

IMG_2286.jpg

IMG_2292.jpg

 現在、プラハにおります。仕事の合間の昼食です。チェコの食事について聞くのを忘れた。ポーランドとは近くて遠いようです。チェコでの仕事もうまく進むといいなと思います。それ以外の国での仕事が順調であるのは素晴らしいことです。

 

ポーランドの昼ごはん



 ポーランド(での英語)では朝食を2回、2時くらいから食べる昼食をdinnerとよび、夕飯はsupperといい、軽くすませるようです。 
 ここは大食いの国です。見てください。まだこれにデザートだと云います。パンは? 冗談でしょうね。毎度スープはを残してしまうのですが、今日のメインはかなりよかったです。充実の野菜サラダも完食でした。いつものうちの食事に近い感じでした。あれって東欧料理だったんでしょうか? 
 

夏のワルシャワ




 ワルシャワ中央駅の裏は再開発というか、未開発が残る。こんな一等地が。どういう思惑なのか。中心地になぜか団地が点在しているし。社会主義の残滓が至る所に。現代都市としてはあまりに???なので、我々の仕事の出番となる。

 昨日までウクライナグループと一緒だったのだけど、ボスは当然ロシア語の人だし、英語は喋らない。なんとなく日本の上司のような。日本も社会主義だったから。キエフに招待されたが、仕事になるのか? ちょっと考えどころ。ウクライナは当然、ノルウェー依存というのも、お金の問題。私の場合にはそっちも特に問題なし。じゃあ、やるか?

コンセルトヘボウ・オーケストラ

IMG_2219.jpg

 写真はJurowskiの指揮でコンセルトヘボウです。彼の指揮はロンドンで何回聴いたことがあります。現在、先日聴いたモスクワSvetlanov Symphony Orchestraのチェフですが、今晩はアムスでお目にかかります。世界はぐるぐる同じ人が周っています。
 メシアン、ドビッシー、ラベル、それに英国のBirtwitleの新作でした。Almardのピアノも冴えていた。観光客は前半で帰る人が居たりして。空席もちらほら。最後のラバルスが一番わかりやすいなあと。でもどれも私でも飽きないいい演奏でした。スタンディングオベーションでした。
 
 インターミッションは飲み物が付いているのが気持ちいい。赤ワインを頂く。それもあって、ちょっと眠くなる。これでアムステルダムの行事は終了です。次へ行きましょう。

無事にアムステルダム到着

IMG_2192.jpg


 いきなり香港か?的な写真ですが、アムステルダムの中華街の南記のチャーシューごはんです。一人飯です。

 ところで、中華街の定義とは何か。世界中に中華街はあります。中国人がいれば、中華街? 今となっては郊外住宅も中国人街化しているのですが、あれは歴史文化の拠点を欠いているならば、中華街とは呼べないのか。じゃあ、なんとなく日本で言う横浜や神戸の中華街?、あれは中国人街の中心地?なんだろう。つまらないことを考えました。

 今日の夕飯は南記です。すごく久しぶりです。5年ぶりくらいかも。香港のレベルには達していませんが、まあ悪くはありません。でも今晩のファーストチョイスです。食べ過ぎなくらいで、もう眠いです。ご馳走様。オヤスミナサイ。

さて出発

IMG_2186.jpg


 今の仕事はかなり取り扱いが難しい。ちょっと悩ましい状況ではあるのだけど、まあパートナーは前向きなのでなんとか進んでいる(ようにメールでは読める)。どういう展開になるのだろうか。無限の能力と時間と資金がある訳ではないので、期限までにある程度の形にしないといけない。ビジョンを描くのが仕事ではあるけど、さてどうなるか。なんとかしよう。

 そんな中で人を馬鹿にしたような仕事の依頼も来るので、やる気が削がれるし、断り方に気をとられ、時間がとられる。嫌な展開だった。断りのメールへの反応もまた酷いものだった。誰がそんな仕事を引き受けるというのだろうか。
 

 今日の献立はトンテキ、玉子焼き、切り干し大根と昆布の和え物、キュウリとワカメとジャコの酢の物、プチトマト、昆布の佃煮です。トンテキを食べたことがない妻が作るトンテキはうまい。これは誰かのレシピに拠るのだろうか?
 今日もおいしかった。ご馳走様でした。

 さて、明日からまた出張ですが、気持ちよく、楽しく仕事をしてきたいと思います。お楽しみも当然満載ですから。

おっと

IMG_2185.jpg

 分かっていたのだけど、時間が取れずに。
 ピーマンの苦みがおいしい。春巻きはおいしいのだけど、かわが弱いので、爆発してしまう。今日もありがとう。おいしかったです。

モスクワトランジットのコンサート2件

IMG_2177.jpg


 モスクワにはトランジットで往復に1泊したのだけど、なかなか面白かった。現状ではビザが必要だし、少々空港から街まで時間がかかるし、出入国に時間がかかることもあるので、出張でモスクワ経由を使うことはないと思うけど、なかなか魅力的な街だった。

IMG_2005.jpg

IMG_2020.jpg

IMG_2009.jpg


 ホテルそばのチャイコフスキーコンサートホールでは若手アーチストとSvetlanov Symphony Orchestraのコンサートに出かけた。指揮はBebeseleaで、モーツアルトのバイオリン協奏曲第5番はPasko、チャイコフスキーのピアノ協奏曲第1番はKudryashovによる。特にこのバイオリンは素晴らしかった。オケもよく若手に合わせていたと思う。最前列で1800ルーブル(約3000円ほど)。

IMG_2152.jpg

IMG_2153.jpg

IMG_2156.jpg

 帰路にはボリショイ劇場へ。娘に約束していたボリショイ劇場のキーホルダーを買いに行くつもりで、モスクワ到着後にホテルでサイトを見ていたら、空席があるので、予約してしまいました。最高の席で1000RUB(約1700円)ですから。ちょっと空港までの時間がギリギリなのが、気になりましたが。
 残念ながら新劇場で、子供向けのサンサーンスの動物の謝肉祭の音楽劇。これも素晴らしい舞台で、娘とお父さんが物語を進めていました。途中で観客の子どもが通路で踊ったりするのですが(もちろん注意されますが)、これが何気に素晴らしい。劇場にも親子で着飾って出かけるのもいい習慣だなあと思いました。

 あとは、赤の広場とトレチャコフ美術館(日本に訪問中ですが)に行ってきました。お上りさんコースでした。ああ、楽しかった。

 





大雨で暗い一日

IMG_2183.jpg

 全国的?に荒天のようです。退勤後にサウナに行こうと思うのだけど、さて? そういえば、荒天と好天は同じ音なのに、まったく逆の意味があるなんて面白いなあ。 

 今日は焼きそばです。味付けが絶妙です。麺のほぐれ具合も素晴らしい。このレベルの焼きそばは外では食べられないだろうなあと。
 今日もおいしかったです。ご馳走様でした。
 

風邪が治らない

IMG_2182.jpg

 依然として風邪が治りません。来週までにぜひ完治しておきたいのですが。夜も起きてしまうし。困ったなあ。

 今日の献立は鮭、シメジ豚肉巻、酢醤油玉子、ピクルス、トマト、アミの佃煮です。酢醤油玉子の黄味が実においしい。微妙な柔らかさがいい。これが2つも入っているので、ご飯も進む。濃厚なので、鮭の味が薄く感じる。味覚というのはそういうものなんだなあ。
 今日もおいしかった。ご馳走様でした。

 午後も忙しいが、早めに帰宅したい。

他人に厳しく自分に甘く

IMG_2181_2019060610183353e.jpg


 前後の仕事が忙しいと、すぐアップを忘れてしまう。でもおいしく頂きました。ご馳走様。

そして帰宅

IMG_2180.jpg

 昨日モスクワから帰国しました。いつものように長いような短いような一週間でした。十分な成果だったと思います。インターネットに依存しすぎないというか、実際に対面しないと分からないことも多かったです。当然のことですね。しかしいつもながら思うのは、文化の違いです。私たちはかくも違うのかと。(それと同時に本質的には分かり合えると。)それを認識して、乗り越えるまでにどれほどの労力が必要なのかを分かった振りはできても、実現することは結構難しいものです。フォーマルな部分だけでは終わらないのです。なんてことをいつものように宿題にしての帰国で、来週までにできることを頑張る。
 
 最寄り駅まで妻が迎えに来てくれた。おいしい夕飯を準備して待っていてくれる。実に素晴らしいことです。幸せな家庭があってこその私であることも認識します。ありがとう。体調も回復しつつあり、本当によかった。

 今日のお弁当はソーセージ、玉子焼、切り干し大根、ブロッコリ、アミの佃煮です。いつものように、いつもの味です。
 今日もおいしかったです。ありがとう。ご馳走様。

 いつものようになんだか何か心棒が抜けたような気がする。毎度のことだけど、心の移動と体の移動が一緒ではないのからなのか。もっと単純には時差ボケとも言えるような気がするけれど。午後も頑張ろう。

イスラムの入り口か、欧州の果てか

IMG_2070.jpg

 こんな辺鄙なところでの仕事には、息抜きが必要です。これはなんだろう。自己愛ですね。いいことなのか。やりすぎなのか。
 
プロフィール

ひけめっこ

Author:ひけめっこ
家族を愛する中年男性が愛妻につくってもらうお弁当を紹介していきます。

月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター